『資本論』を読む会の紹介
東京・池袋で開催している学習会です。 労働の解放をめざす労働者党 ・東京西北支部の党員が中心となって運営している学習会ですが、誰でも自由に参加できます。
民間企業労働者、非正規労働者、公務労働者、学生、年金生活者など多彩なメンバーで学習会を行っています。

          

 『資本論』は、マルクスが近代社会、つまり資本主義社会の経済運動の法則を明らかにした書物です。
 この社会の仕組み(カラクリ)を知ることは、労働者にとっては何よりも大事なことですが、『資本論』はまさにうってつけの本です。とはいえ、『資本論』は、その労働者にとっても必ずしも平易ではありません。
 しかし、マルクスは言います。
「私が予想している読者は、なにか新しいことを学ぼうとし、したがってまた自分自身で考えようとする人々なのである」
 私たちの学習会は、真剣に学ぶ意欲がある方なら、どなたでも大歓迎。

 『資本論』は、全3部という大部の書物ですが、学習会は、月2回の無理のないペースで進めます。疑問を率直にぶつけ合い、分からない点は次回までに調べてくる。こんなふうにして疑問点を解決していきます。
 途中から参加される方にも、これまでの学習会の内容が分かるようにしていますので、ふるってご参加下さい。

          

レジュメを用意しますので、その実費として毎回100円をいただいています。
『資本論』を読む会では、学習会の日程や報告をお知らせする会報を作成しています。

ご希望の方はメールにてご連絡下さい。